top of page

手作り人形劇のご報告―人形劇を通した子どもとの交流

 私たち千ゼミ生は、12月14日に認定こども園明石南こどもの城、1月12日に認定こども園

桂こどもの城で人形劇を上演してきました。両園は、本学科の教育活動にいつもご支援ご協

力くださる園で、学生が手作り人形劇を行うことで園の先生から喜んでいただきました。

 両園とも2歳児から5歳児の子どもを対象に人形劇を上演しましたが、子どもの反応が良く、私たちもうきうき楽しく上演できました。

 人形劇を通して子どもたちが楽しい、うれしい、悲しい、怖い、怒りなど、様々な感情

を抱いているように見え、子どもたちを対象に人形劇を上演して良かったと感じました。また、人形との触れ合いタイムで自分から近づいて触りに来る子どもやオオカミの人形を怖が

る子ども等、子どもの様々な姿が見られて、子どもによって人形への感じ方が違うこと

を学びました。

 今後予定している公演は、今週19日(仙台白百合学園幼稚園)と来週26日(ゆりっ

こ広場)です。これまでと同様に子どもたちが楽しめるよう、また私たちも残りわずかの

公演を思う存分楽しんでいきたいと思います。

 次の公演のご報告もお待ちください。

(千ゼミ A・R)

























Commenti


I commenti sono stati disattivati.
bottom of page