就職ガイダンス「保育の楽しさと理想の保育士像を描く」が開催されました

皆さんこんにちは。

先日(12/15)、幼児教育コース3年生対象に開催された就職ガイダンスを紹介します。

このガイダンスは、仙台市子供未来局幼稚園保育部運営支援課との共催で、「保育の楽しさと理想の保育士像を描く」をテーマに行われました。


ガイダンスは、仙台市公立保育所の保育士2名と民間の保育園(福室希望園)の保育士2名(1名は本学のOG)においでいただき、グループに分かれて、学生からの質問に答えていただくといった対話形式で進行しました。




幼児教育コース3年の学生は、11月に保育所実習Ⅱを終えたばかりであり、採用試験や就職のことだけでなく、保育の内容や実習中の疑問等、積極的に質問して、たくさんのご指導をいただくことができ、とてもよい学びの機会になりました。


学生の感想を一部紹介します。


◎公立と私立の違いや、就活の様子、実際に面接で聞かれたこと、今からでも出来る準備や心構えなどを知ることが出来、自分がこれからどうしていきたいか考えることが出来ました。自分のこれからをもっと深く考える良い機会になりました。そして、聞いたことにより安心出来ました。ありがとうございました。


◎実際の現場にいらっしゃる先生方の話を聞けて参考になりました。学生の問いに真摯に答えて下さり、また現場の実際を少しでも知ることが出来ました。楽しいことや苦労することも詳しく教えていただき、とても参考になりました。



閲覧数:128回