top of page

子ども教育学科diary

子ども教育学科1回生を4月に迎えてから2ヶ月が経ちました。

ブログを読んでくださる皆様、いかがお過ごしでしょうか。


             図書館前。外での読書が気持ち良さそうです


・鴇田さん(人間学部人間発達学科)が、馬術競技において、宮城県スポーツ協会の強化指定選手に認定されました。おめでとうございます。本学科の鴇田さんの活躍は入学当初から話題に上がっておりましたが、これからますますの活躍が楽しみですね。


・5月25日(木)の昼休みには、白百合祭実行委員会により企画者への説明会がありました。今年は、コロナ禍前と同じように、2日間の日程で開催されます(10/21-22)。後期の白百合祭に向けて、学生たちのそれぞれの活動も活発になってきます。


・6月13日(火)は修養会が6/13(火)9:30~15:00に開催されます。講師はカトリック仙台教区のガクタン(E. Gacutan)司教様です。昨年末にローマ教皇フランシスコにより任命され、今年3月に仙台教区カテドラル(司教座聖堂)のある元寺小路教会で着座されたばかりです。


このように、次々と大学行事も始まり、少しずつ平常へと戻りつつあることが実感できることは嬉しいことですね。



Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page