1年生の「成長」──その1『幼児教育基礎演習A』

最終更新: 7月20日

これまでのブログに掲載できていなかった、仙台白百合女子大学に入学した後の1年生の「成長」を、授業での様子からご覧いただきましょう──.



この日(2020年12月7日)は、体育館に集合.2年生の先輩たちの指導の下で、『運動会』を体験しました.


運動会は、将来の保育現場や教育現場で、一大イベントとなるものです.子どもたちは運動会を通して、仲間を応援し、自分のもつ力を一所懸命に発揮する中に喜びを見出します.学生たちは卒業後それを見守る立場に立ちます.


将来の保育・教育のプロをめざす今年の1年生たちは、入学とほぼ同時に、オンライン授業に突入してしまい、大学生活の中で友人を作る機会を逸してしまいました.教員の心配も何処吹く風、最初は、少しばかり緊張していましたが、チームに分かれて対抗戦になると、応援の声が体育館全体に響き渡り、だんだん熱中してきます.



「本気で」がんばり楽しむ姿に変わってきました.

最後には、学科長からの差し入れも頂いて、何だか2倍得した気分(?).


どの学年も大変な1年でしたが、特に打撃を受けた1年生たち.皆こんなに溌溂(はつらつ)とやれるのだから、大丈夫、ポスト・コロナの時代も乗り越えられそうです!