教職支援室から

  <実習を終えての感想>


 3年生初等教育コースの学生が、5月下旬から11月中旬にかけ小学校現場における4週間の教育実習をそれぞれ行っています。すでに終了した学生からは、すごく充実したやりがいのある実習で、実際に子どもと関わる中で様々なことが吸収できたという感想が寄せられています。この経験を踏まえ、更なる飛躍を期待したいと思います。以下、実習を終了した学生の感想を紹介します。


 「私は6月の末から7月の末までの1ヶ月間、母校の小学校で教育実習をさせて頂きました。今までの人生で、こんなに充実していて、終わるのが寂しいとまで感じた1ヶ月間は無かったように感じます。

実習中は、いろいろな先生方の授業を見学させていただいく中で学ぶことが沢山ありました。特に、授業で何を理解させ、何を考えさせるのかといった目標を明確にすることの大切さ、児童が興味を持ちそうな話題と授業とを関連付けする工夫等を学ぶことが出来ました。

また、自分の行った授業について「分かりやすくて楽しかった」 と感想を貰えたことがとても嬉しく、印象に残っています。 初めての授業では何を授業内で一番伝えたいのか、どう指示すればいいのか等、反省するべき点が沢山ありました。 授業を進めている最中も本当に児童が理解してくれているのかどうか、不安になったのも事実です。ですが、 授業の回数をこなしていくにつれて教室全体の雰囲気にも慣れ、 分かりづらいところや児童にもう少し細かく伝えたい部分も自分で見つけることができるようになり、 授業を行うのが楽しみになっていきました。

最終日には、担当していたクラスの児童(3年生)から手紙を頂きました。1枚1枚にたくさんの気持ちが詰まったこの手紙は、一生の宝物です。今回の教育実習で教えていただいたこと、学んだことを忘れることなく、教師になれるようこれからも頑張っていきたいと思います。」


83回の閲覧