top of page

授業紹介-学校教育基礎演習A-

 新緑から夏の兆しが見える時季となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

 子ども教育学科は開設2年目を迎え、1期生が学校教育・幼児教育の各コースに分かれて本格的に専門分野の学修を始めました。学校教育コースでは、3年次の教育実習に向けて基本的な知識・技術を身につけるとともに、自らがめざす教員像を明確にするための科目として、「学校教育基礎演習A」が開講されています。

 ある回の授業では、姉妹校を中心にさまざまな校種で実施した1年次の一日観察実習について、グループごとにKJ法を用いて振り返りました。初めは楽しそうに思い出を語り合っていた学生たちでしたが、付箋の数が増え、子どもの発達段階や教師と児童・生徒の関係、また教師の教育技術や教育課程の特色など、テーマが定まるにつれて真剣な表情で取り組んでいたのが印象的でした。

 大学での学びと現場での経験を両輪として、教師としての力量を高められるように、今後も様々な取り組みを続けていきたいと思います。

 


なお、1年次の一日観察実習の様子についてはこちらをご覧ください。


・「小学校一日観察実習を実施しました!」


・「仙台白百合学園中学校で『一日観察実習』実施(学校教育コース)」



Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page