幼児教育コース4年 オペレッタ「白雪姫」の発表会が行われました

更新日:8月3日




◇発表会に参加して(感想) 3年Eさん

 正直、凄くてびっくりしました!思わず見入ってしまいました。

最初のシルエットクイズでは、白雪姫にちなんで鏡の形をしていて白雪姫のオペレッタではドアのノックの音から全ての効果音が楽器を使っていてすごかったです。

声も後ろの方までよく透き通っていて、その役に入り込んで演じているのが伝わってきました。

最後のジャンボリーミッキーでは、みんなに振り付けを分かりやすく教えていました。

みんなで踊ってとても楽しかったです。

来年このような劇を私たちが考えてやると思っただけで...汗、先輩方のような劇を作れるようにしたいです。とても勉強になりました!


2022年度 オペレッタ発表会(学内ポスター)
.pdf
Download PDF • 140KB



◇発表会を終えて(感想) 4年Aさん(総括担当)

 4月からこの授業が始まりました。長い時間話し合いを繰り返し、それから何度も練習に取り組み、本番を迎えました。

私は当日ステージを一望できる座席で鑑賞しながら、この約3ヶ月間のみんなの頑張りを振り返り、胸にこみ上げてくるものがありました。


全体総括という立場で劇を監督し、未経験のため困難な事も多く苦労しました。

しかし、一人一人の技量は素晴らしいもので、脚本をいちから考えることができる人、音楽を即興で演奏することができる人、小道具の入れ替えを瞬時に行えるよう工夫したり、アドリブや衣装にも力を入れ、演技力の向上にも努めている人など、数え挙げたらきりがありません。

多くの光輝く個性が融合し、素晴らしい作品が出来あがったのだと思います。

同時に、未熟な私の指示に付いて来てくれたことにもとても感謝します。


次回の舞台までにさらにパワーアップして皆様にお届けできるよう、尽力していきたいと考えています。





閲覧数:214回