top of page

幼児教育コース3年生 保育所実習の振り返りと今後の実習に向けて

幼児教育コース3年生は、5~6月に保育士資格取得のための初めての学外実習である「保育所実習Ⅰ」(約2週間)を保育所・認定こども園で行いました。

「保育実習指導ⅠA」の授業では、学外実習の事後指導として、実習の振り返りを行います。一人一人の振り返りとして自己評価を行い、また、ワールドカフェ形式で、仲間との対話を通しての実習の振り返りを行い、実習生同士の情報の共有を行いました。




学生たちは「保育所実習」を通して、様々な経験をし、多くのことを学ぶことが出来たようです。


実習の振り返りを行い、学生自身の課題を明確にした後は、「初等教育実習の事前事後指導A(幼稚園)」及び「保育実習指導ⅠA」の授業において、後期に控えている「幼稚園教育実習」(10月:約4週間)、「保育所実習Ⅱ」(約2週間)に向けて模擬保育の取り組みを開始しました。

秋の幼稚園、保育所での実習を想定して、中心的活動の指導案を作成し、実際に模擬保育を行っています。


3年生の学生は、コロナ禍の影響で、ボランティア活動などの学外実習に関する経験が少ないのですが、これから少しでも多くの経験を積んで、後期からの学外実習に臨んでほしいと願っています。









コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page