公立小学校における一日観察実習を実施しました。

2月12日、公立小学校における一日観察実習を仙台市立市名坂小学校で実施しました。初等教育コースの1年生と2年生(希望者)の皆さんが参加しました。 新型コロナウイルスの感染予防対策を十分に行った上で、小学校で有意義な一日を過ごしました。参加者の皆さんから以下の感想がありました。(一部抜粋) ・子ども達の明るい笑顔に包まれて、あっという間の一日でした。 ・学んだことの中でも、特に教室の様子や子ども達の姿、先生の指導の仕方など、一つ一つ細やかな点に教育的意図を感じたことが、大きく印象に残っています。今回は貴重な機会をいただき、ありがとうございました。 ・児童との接し方や教科指導等色々なことを勉強することができました。 ・最初は緊張と不安でいっぱいでしたが、子供たちの笑顔でなんとか乗り切ることができました。 ・算数の内容などを教える機会をいただき、先生の視点になってしっかりと考えることができました。とても貴重な体験でした。 ・子どもたちや先生方に沢山助けてもらい、充実した実習でした。 ・今日の実習では、子供達の優しさに励まされ、先生になりたい思いが膨らみました。今日の経験や気持ちを忘れないで、これからの大学での勉強を頑張りたいです。 ・私は3年生のクラスを担当させて頂きましたが、自分の思っている3年生よりも遥かに大人であったし、休み時間と授業のメリハリがきちんとついていて、感心しました。 ・自分の教師像を確立していくためのとても貴重な時間になりました。一日観察実習で学んだことを大学でのより深い学びに繋げたいと思います。

最後に、この場を借りて、ご指導をいただいた市名坂小学校の先生方へお礼申し上げます。本当にありがとうございました。



146回の閲覧

最新記事

すべて表示