保育実習を終えて(3年幼児教育コース)

最終更新: 7月2日

3年生の近況報告

保育実習Ⅰ(保育所)が無事終了しました。実習の感想をご紹介します!


保育士資格取得を目指す3年生


・2週間の保育実習を通し、保育の楽しさと大変さを子どもや先生方と関わりながら感じることができました。実習前は不安な日々を送っていましたが、いざ始まってみると子どもたちが本当に可愛くて、毎日が楽しく学びのある充実した時間でした。保育士さんの姿を見ていると1人ひとりと向き合い、発達や性格を理解していました。子どもたちと深くかかわり合い、働きかける必要があり、物事への考え方がしっかりしていないと、子どもを指導することが出来ないなと思いました。これからある保育実習IIや幼稚園実習では、日々の子どもとの生活から学び、積極的に保育に挑戦していけるようになりたいです。そのためにも授業をしっかり聞いて、将来に対する自分のなりたい姿を、さらに明らかにしていきたいと思います。 Tさん


・初めての2週間に渡る保育実習は授業だけでは学ぶことのできない、保育者の言葉掛けや子どもたちとの関わり方を深く学ぶことができました。また実際に子どもたちの前で読み聞かせや手遊びができ、とても貴重な時間となりました。この経験を保育実習Ⅱに生かしていけるよう、努力していきたいです。 Wさん


・保育者の子どもとの関わり方や言葉掛けを実際に見ることで学ぶことが沢山ありました。子どものやりたいという意欲を引き出す言葉掛けや、褒め言葉などを次の実習までに沢山身につけたいと思います。 Sさん


・保育実習では現場に行かなければ学ぶことが出来ないことを沢山学ぶことが出来ました。子どもの発達に応じた対応や声掛け、援助を学ぶことができ、様々な行事にも関わることができ、大変良い経験になりました。子どもたちはニコニコして隣に来てくれるし、たくさん声をかけてくれて可愛かったです。今回は手遊びを発表する機会がありましたが、みんな一緒に楽しそうにやってくれて緊張もほぐれました。保育士の大変さも実感しましたが、それ以上に楽しいことや嬉しいことがあり充実した10日間になりました。 Kさん


・実習前は不安な部分もありましたが、園の先生方に優しく丁寧に教えていただきました。保育実習Ⅰで学んだことを生かして、幼稚園実習や保育実習Ⅱでは成長した姿を見せられるように頑張ります。 Sさん