top of page

もうすぐ夏休み



テスト・集中講義・補講期間が終わると、いよいよ夏休みに入ります。猛暑の折、誰にとっても待ち遠しい休暇ですが、とりわけ1年生にとっては、新しい環境で緊張の連続だった初めての学期が終わり、ほっとすることでしょう。


帰省、アルバイト、夏の行事など何かと忙しく過ごすうちに、時間はあっという間に過ぎていくものです。「有意義に過ごしなさい」とか「読書しなさい」、などと言うことはやめておきましょう。我が身を振り返ると、立派なことは申し上げられません。ただ、一歩だけ踏み出して新しいことをやってみてはどうでしょう。洪水のように押し寄せる情報の中から、普段は関心のない分野に目を向けてみるとか、世代の違うひとと話してみるとか。


「役に立たない」というのは、価値がないということではありません。社会に広く関心を持つ、共感あるいは疑問を持つ行為こそが大切なのです。時間に比較的ゆとりがあり、柔らかな感性を持つ学生時代にこそやっていただきたいと考えます。


後期に一層成長した皆さんとお会いするのを楽しみにしています。


学科長 遊佐 重樹



bottom of page