あきらちゃん&ジャンプくん「保育セミナーあそびうたワークショップ」開催(その2)

7月8日 (木) 特別講座 あきらちゃん&ジャンプくん保育セミナーあそびうたワークショップを実施いたしました(既報)。


 気づいた点などいくつか紹介いたします.

 

 3講時は2年次「幼児教育基礎演習B」の一環として実施されました.

あきらちゃん&ジャンプくんにお願いされて早めに体育館に到着した2年生たちは、設置のお手伝いに.この舞台裏の準備も、実は大切なこと.少し人数が増えたところで、クラスの人数に合わせて園児用椅子を倉庫から搬出、配置しました.



 ワークショップの開始前は、仁藤先生による絵本の読み聴かせ.2年生は何を学べましたでしょうか.開いた絵本の高さ、園児(役の2年生)との距離、読み聴かせする人(先生)の位置は絵本の右?左? 読む速さと調子は? 学べることはたくさんあったはずです.

 さてワークショップの始まりです.あきらちゃんは実は白石市にある『こじゅうろうキッズランド』の新施設長に就任しました.子どもの遊びの専門家です.



 子どもたちの点呼も、ちょっと遊びを入れると楽しい時間に変わり、それだけで一人ひとりが楽しい時間に引き込まれます.ここでも、子どもたちの名前をたくさん呼んで、たくさん覚えてあげることの大切さを学びました.