『ごんぎつね』の季節ですね!


 人間発達学科 特任教授・髙橋正人


 仙台白百合女子大学の授業は魅力いっぱいです!

 現在、後期授業では人間発達学科の一年生と一緒に、「初等国語」の授業で『ごんぎつね』を読み込んでいます。国民的教材ともいえる新美南吉の『ごんぎつね』は、読めば読むほど内容が深まっていく作品です。高校生の皆さんも、是非、本学で一緒に学びましょう。お待ちしています!

 なお、読書週間にちなんで10月27日水曜日の放課後に、仙台白百合学園中学・高等学校の図書室にお邪魔し、中高生のための『ごんぎつね』講座を行ってきました。放送部の生徒さんの紙芝居に引き込まれた後、中高の生徒の皆さんと一緒に『ごんぎつね』の世界に浸ることができました。ありがとうございました。

 写真は、名古屋駅から電車で約三十分の半田口駅の様子や、新美南吉記念館の近くにある南吉の母校の児童が書いた壁絵などです。皆さんも一度訪れてみてはいかがでしょうか。




68回の閲覧