「まんぷくキッチン」ボランティア活動報告

初等教育コース3年生 ボランティア活動報告

 5月21日(土)泉中央市民センターで行われた「まんぷくキッチン」にて、ボランティア活動を行いました。


「まんぷくキッチン」は、どなたでも参加できる地域の人たちの交流の場として2ヶ月に一度開催されています。内容は、ワークショップの開催、こどもたちの交流、食事の提供など盛りだくさんです。今回で2回目ですが、ボランティアとして活動に参加させて頂きましたので、学生たちの感想も含め報告いたします。


〇実際に子どもたちと関わり、引きつけ方の難しさを体験しました。また、会話力のなさや年齢に応じた教材の選択を理解していなかったことなど自分の不足点に 気付くことができました。今日の反省を生かして自分をレベルアップさせていきたいです。食事も美味しかったです!また参加させていただきたいと思います!Sさん


参加させて頂き、改めて「食の楽しさ」を実感することができました。食べることで人は笑顔になり、また、誰かと一緒に食べることで幸せが倍になるということを身に染みて感じました。今回学んだことを学校現場で生かせるように、さらに磨いていきたいです。Hさん


主に、会場設営や子どものお世話を行いました。参加された方々から、笑顔で「ありがとうございます」や「バイバイ」と言ってもらえたことから、多世代が食を通してつながり合うことの豊かさを感じます。また、決して「子ども食堂=貧困」ではないという、捉え方も変えることが出来ました。新しい学びを充実できる一日でした。Iさん


〇参加されたお子さんは1歳から11歳と年齢幅が広く、すべてのお子さんに楽しんで頂けるか不安でしたが、みんなで一緒のクイズをする時間と年齢ごとに活動を変えた時間と緩急をつけたことにより、楽しそうに活動している様子が見られてとても嬉しかったです。まんぷくキッチンの素敵な活動が今後も広がるといいなと思いました。Oさん